menu

予約

Blog

pagetop

新着情報

妊娠中のむくみの原因と解消法


 

妊娠をして、むくみがひどくて悩んでいる妊婦さんは多いのではないでしょうか。

今回は、妊娠中のむくみの原因と解消法についてご紹介します。

 

 

妊娠中のむくみの原因

体重増加

お腹が大きくなる事でお腹周りや足の付け根が圧迫されることで

リンパの流れが悪くなり、足がむくみやすくなります!

長時間立ちっぱなしでいたり、同じ姿勢でいると激しいむくみを感じる場合もあります。

 

血液量の増加

妊娠すると、お腹のなかの赤ちゃんに血液を送るため、血液量が増加します。

妊娠後期は血液の量が特に増加し、よりむくみやすいと言われているのです。

 

冷え

身体が冷えることで血流が悪くなり、むくみやすくなってしまいます。

身体の末端は他の部分と比べると冷えやすいため、要注意です!

 

運動不足

お腹が大きくなると、身体を動かしづらくなり血流が滞ってむくみが起こることも考えられます。

 

 

妊娠中にむくみやすい部位

妊娠中にむくみを感じやすいのは、足、ふくらはぎ、手、指、顔の部位となります。

妊娠中期や妊娠後期になると、子宮で腹部が圧迫されて足に負担がかかります。

そのため、足やふくらはぎにむくみを感じるのです。

特に夕方はむくみやすく、靴を履いているときに痛みを感じる方も少なくありません。

手や指もむくみを感じやすい部位であり、

指輪が取れなくなったり、顔のむくみが目でみて分かるようになる場合もあります。

 

 

むくみの解消法

食生活を意識する

塩分を摂りすぎると身体に水分が溜まりやすくなってむくんでしまいます。

カリウムはむくみ解消の作用があるため、塩分を控えめにして、

カリウムを多く含むバナナやりんご、グレープフルーツ、トマトジュースを摂取することがおすすめです。

塩分を摂りすぎてしまったときには、

カリウムの含まれた食品を積極的に摂る事で、むくみの改善につながる場合もあります。

 

マッサージをする

リンパの流れが悪くなるとむくみやすくなってしまうため、

マッサージをしてリンパの流れをよくしましょう。

それによりむくみが改善される場合もありますよ。

心臓から遠い手の指や、足から付け根に向かってマッサージしていきましょう。

妊娠中は肌が敏感になっているため、オイルの使用もおすすめです。

マッサージ中に、お腹の張りや違和感を感じたら途中でもやめましょう!

 

着圧ソックスを使用する

着圧ソックスは特殊な生地で、履くと足に圧力を加えてむくみの改善が期待できます!

むくみを感じてから履くのではなく、お腹がまだ大きくなる前から履くことで、

妊娠中のむくみの予防ができる可能性があります。

圧力で足がつってしまったという妊婦さんもいるようなので、

履き始めは圧が弱いソックスを選んでみてくださいね。

 

適度な運動を行う

妊娠してお腹が大きくなり、動くことが大変になると運動不足になる妊婦さんは多くなります。

妊婦さんでもできるウォーキングは、

ふくらはぎの血管に刺激を与えて、新陳代謝がよくなって血液の流れが改善されますよ。

12030分程度のウォーキングで、足のむくみやだるさを改善できる場合もあります。

しかし、体調が優れないときやウォーキングの途中でお腹の張りなどを感じた際には、無理せず休みましょう。

 

水分を十分とる

水分の摂りすぎはよくないですが、妊婦さんは羊水を作るために普段より水分が必要です。

水分不足になると血液が凝縮され、身体のなかの老廃物が蓄積されるため、

血液やリンパの流れが悪くなってむくみやすくなるのです。

水分をとるときは一気に飲むのではなく、少しずつこまめに飲みましょう。

ノンカフェインで利尿作用のあるルイボスティーやたんぽぽ茶は、妊婦さんも安心して飲めるのでおすすめですよ。

 

身体を冷やさない

身体が冷えると血流が滞ってむくみやすくなります。

室内にいるときも靴下を履いたり、冷たいものよりも温かい飲み物を飲むなど、

身体を冷やさない工夫が大切となります。

愛知県でアロマオイルトリートメントやよもぎ蒸し、リフレクソロジーならヒーリングビューティーroom TAOへ


店舗名:ヒーリングビューティーroom TAO

住所:〒485-0058 愛知県小牧市小木2丁目226-1

TEL:090-6614-7722

営業時間:月・水・木/10:00~17:00 定休日:火・金・土・日・祝日

業務内容:アロマオイルトリートメント・よもぎ蒸し・リフレクソロジー・ヘッドセラピー・フェイシャル