menu

予約

Blog

pagetop

妊活・マタニティケア

TAO妊活について

TAOの妊活ってどういうもの?画像

TAOの妊活ってどういうもの?

ストレスケアや温活ケアでお身体が本来持っている妊娠力を引き出します。
「赤ちゃんがほしいな」と思った瞬間から妊活は始まると思っています。
出産は最大のデトックスと言われることもあるようにお母さんのおなかの中で育つ赤ちゃんはお母さんの影響を強く受けます。

妊娠すること。がゴールではなく、いつ赤ちゃんを授かってもいいようにお母さんのお身体をベストな状態にして赤ちゃんを迎えてあげてほしいのです。
不妊治療とはまた違った角度からのアプローチをしていきます。
この時期からマタニティー期、産後期とケアをしていくことでだれにでもやってくる更年期にも影響してきます。
いつの時期もハッピーで過ごせるための妊活ケアです。

また、妊娠とストレスには大きく関わりがあり、よく不妊治療をやめたら授かったという声を聞きます。TAOのアロマオイルトリートメントは、しっかりとリラックスし副交感神経に働きかけるように計算されたトリートメントです。ストレスケアをベースによもぎ蒸しや内臓機能を高めるリフレクソロジーなどをその方に応じてオーダーメイドで組み合わせてケアします。

妊娠しやすい体質へ導く為に画像

妊娠しやすい体質へ導く為に

妊娠をするということは、自分の体の中で新しい命を育むということです。 子宮という器官は、女性にとって大切な器官ではありますが生命維持に直接関わりのない器官でもあるのです。身体にしてみたら、どうしても後回しになってしまうので、血液が届きにくく冷えやすい臓器です。

自分の身体を維持していくのでいっぱいな状態では、身体は守りに入り新しい命を宿すということを抑えてしまうと言われています。

臓器の働きに必要なのは、血液です。血液が届きにくくなれば冷えて働きも低下します。消化器官の働きを高め、食べたものをしっかりと吸収し、不要なものは排泄し、身体全体にしっかりと血液を循環させ、エネルギーに満ちた身体に整えていくことが大切といえます。

よもぎ蒸しのハーブリーディングやカウンセリングとお身体の状態からストレスを読み取っていくストレスリーディング®で体質や状態を読み取り、その方に合ったケアやアドバイスをさせていただきます。当サロンはストレスリーディング協会認定のセラピストが在籍しています。

TAOの妊活ケアが喜ばれる理由

TAOの妊活ケアは、妊娠だけをゴールにしていないので、妊活ケアをしたことによって日々の不調や体質が改善され、健康美がアップしていきます!
また、施術だけでなく生活習慣や食のアドバイス、妊活に大切なそもそものパートナーシップのお悩みなども、セラピストとしての視点からお話しさせていただいたりしています。
妊活とは女性だけがするものではなく、パートナーと一緒に妊娠しやすい身体に整えて(生活習慣や食)満たされたパートナーシップの先にお腹に命が宿ることだと思うのです。日々実感する身体の変化を感じ、ストレスになりがちな妊活を楽しく、リラックスして、心身ともに健康な状態を保つ事ができるので、たくさんの方に喜んで頂いています。

TAO妊活
おすすめのメニュー

  • よもぎ蒸し

  • アロマオイルトリートメント

  • 施術メニューの一覧

TAOのマタニティケア

マタニティケアについて画像

マタニティケアについて

新しい命が宿って幸せな時期ですが、お身体は今までの状態と大きく変わっています。女性ホルモンはエストロゲンもプロゲステロンも通常の何倍も出ており、赤ちゃんを育てていくのに、お母さんはたくさんの血液を供給しています。いつもと違うお身体に戸惑ったり、痛みや不調を感じたり、出産に向け不安な気持ちになったり、ホルモンの影響でメンタルにも影響が出てくる方も少なくありません。
しかし、病院では妊娠の継続に関わらないことは、あまりケアしてもらえない傾向にあります。それはしかたのないことです。

せっかくの幸せなマタニティー期を少しでもハッピーに過ごしていただくために、植物の力がギュッとつまった天然100%のエッセンシャルオイルを使用し、トリートメントし、マタニティー期によくある、身体の疲れ・むくみ・メンタルの乱れなどをやさしくケアしていきます。

TAOのセラピスト自身は3回の出産経験があります。これまで多くのマタニティの方と関わった妊産婦ケアの知識と自身の経験から、お悩みに寄り添います。どんな小さな事でもお気軽にお話聞かせてくださいね。

TAOのマタニティケアが必要な理由画像1
TAOのマタニティケアが必要な理由画像2

TAOのマタニティケアが必要な理由

女性はリラックスと深い関わりがあります。
リラックスしているときに優位になる”副交感神経”の働きが重要なのです。
マタニティー期はこの副交感神経の働きが特に重要になってきます。
ストレスが強くかかってしまうと、自律神経も乱れ血流も滞り、それによって赤ちゃんの発育や出産にも影響がでてしまうことも…
妊娠期はホルモンの影響でのぼせやすくなっており、冷えを感じていない妊婦さんは多いのですが、自覚症状を感じていないだけで、お尻や足が冷えているかたがほとんどです。お尻の冷たさは、逆子の原因になっていたり、微弱陣痛につながったりもします。

また、出産時に重要な骨盤の開閉も自律神経と密接に関わっていますし痛みもリラックスとは大きく関連しています。
マタニティトリートメントでリラックスすること、お身体の流れを良くしてあげることで安産体質へ導くことも期待できるのです。
さらには、この時期にしっかりケアをしてあげることは産後の生活にも繋がってきます。

出産後すぐに始まる赤ちゃんのお世話をしていくには、マタニティー期を快適に過ごし出産による体力の消耗を最小限に抑えホルモンバランスの乱れも早く回復させ、身体をベストな状態にしておくことが重要と言えます。
近年増えている産後うつなどは、マタニティー期の不調を産後に回復できず、さらなる身体的ストレスが蓄積し、ホルモンバランスの乱れが続いてしまうことも大きな原因の一つとも言えます。マタニティー期からしっかりとケアをしていくことで、産後うつの予防にも繋がると言えるでしょう。

産後の良い夫婦関係を保つ為に画像

産後の良い夫婦関係を保つ為に

「二人目不妊」という言葉を良く耳にします。
これは、一人目の出産でお母さんの身体が大きく変わってしまう事と、産後の夫婦関係が原因ではないか?と思います。

もちろん出産してしばらくは、次の命を育む準備ができないため、女性の身体は妊娠しにくいシステムになっています。
排卵自体も止まりますし、母乳を分泌するプロラクチンというホルモンが性欲を抑える作用もあると言われています。しかし、それ以上にパートナーを全く受け付けない。という状態になるママも多いのです。それには、出産ストレス・産後のストレスが関係しているとも言われています。

マタニティー期のストレスをそのままにして溜め込んでいき、副交感神経へうまく切り替えられず、出産後も交感神経が優位になりすぎて身体が休むことができず、さらにストレスを抱えていき、メンタルにも影響を及ぼす悪循環をおこし、イライラや落ち込みなどを繰り返し、パートナーにも攻撃的になってしまったり…

それを受け止めきれない男性が多いので、出産後に夫婦仲が冷え切ってしまう。なんてことも良くあることです。産後も良い夫婦関係でいられるために、ママはストレスをケアしていくことをお勧めします。

妊活・マタニティ施術

  • 1

    カウンセリング画像
    カウンセリング
    一般の方はカウンセリングシートに記入していただき、妊婦さんには同意書にも記入をしていただきます。
  • 2

    足湯画像
    足湯
    まずは冷えた体を温める為に足湯に入っていただき、リラックスしていただきながらカウンセリングシートを元にヒアリングを行ってゆきます。
  • 3

    アロマを選ぶ画像
    アロマを選ぶ
    悩みや状態に合わせて30種類ほどのオーガニックエッセンシャルオイルから4~5種類(妊婦さんは最大で2種類で濃度も薄めのブレンドです)チョイスしていき、香りを確かめていただいてからブレンドしていきます。効能的に合っていても、苦手と感じる香りはお身体が必要としていない香りです。こちらの知識だけで独断で決めてブレンドはしません。
  • 4

    施術画像
    施術
    トリートメントやよもぎ蒸しフェイシャルなどの施術を行います。
  • 5

    アフターティ画像
    アフターティ
    お茶請けでオーガニックドライフルーツやナッツ、酵素たっぷりのオーガニック生蜂蜜をお出しいたします(妊婦さんは蜂蜜はお出ししません)
  • 6

    アフターカウンセリング画像
    アフターカウンセリング
    今の身体の状態を説明し、今後の生活のアドバイスなどを行います。気になる事があれば何でも聞いてくださいね。

注意事項

以下に当てはまる項目がある方は、大変申し訳ございませんが施術をお断りさせていだたいております。

  • 妊娠24週未満の方
  • 虚弱体質である(ふらつきをよく感じる等も含む)
  • 骨粗しょう症
  • 激しい頭痛
  • てんかん
  • 心疾患
  • 熱がある
  • 出血がある
  • お腹の張り、痛み
  • 妊娠高血圧症
  • 妊娠糖尿病
  • 下肢静脈瘤(脚のコースはNG)
  • 早産・流産の経験がある方
  • 切迫早産の診断を受けた
  • ひどいつわり
  • 子宮筋腫
  • 前置胎盤
  • 多胎妊娠である
  • 現在、過去に大病の経験がある
  • 医師から安静を勧められている
  • ※妊婦さんのご予約は、ご来店されるときの週数と初期からの経過の状態についても合わせてお送りください。
  • ※施術開始前に、同意書にサインをしていただいてから施術を行います。(可能であれば、印鑑をお持ちください)
  • ※母子手帳をお持ちいただけますと、これまでの体調等が把握しやすくスムーズです。
  • ※主治医の方から了承を必ずいただいてからお越しください。