menu

予約

Blog

pagetop

新着情報

妊活中のお風呂おすすめ入浴法


 

妊活をする上で体を冷やすことは大敵とされており、

お風呂の入り方を工夫しながら体を温めることが大切です。

今回は、妊活中のお風呂で気を付けたいこと、おすすめ入浴法についてご紹介します。

 

 

”高すぎる温度”と”長時間の入浴”を避ける

体を温めるために、少し熱めのお風呂に入るという人も多いのではないでしょうか。

ただ、熱いお湯は自律神経の「交感神経」が活発になり、血管が収縮し血流が悪くなることもあります。

さらに、熱いお湯に入ることで体が温まるような気もしますが、温まるのは体の表面だけなのです。

しっかり温めたい子宮や卵巣など内臓は冷えたまま、という状態にもなりかねません!

また、長い時間の入浴は思っている以上に体力を奪ってしまうので注意が必要です。

疲れを感じやすくなったりのぼせたりと、体調面への影響が心配なので、

長時間湯船につからないように気をつけましょう。

 

 

妊活中の正しい入浴法

熱すぎないお湯に長時間浸かることなく体を温めるには、効率的なお風呂の入り方が必要です。

まず、入浴する前にコップ1杯の水を飲み、水分補給をしておきましょう!

湯船のお湯の温度は39度から40度ほどに設定し、初めの5分ほどは肩まで浸かって全身を温めます。

寒さを感じなくなったら、胸の高さまで上がり20分ほどゆっくり浸かります。

リラックスしながら入浴することで「副交感神経」を優位にし、

妊娠の大敵であるストレスを少しずつ解消することを目指します!

また、こまめに水分補給をするようにしましょう。

 

 

妊活中、 湯船につかるメリット

シャワーで体の汚れは落とせますし気分もスッキリします。

しかし、体を芯からあたためることはできないため、

血のめぐりをよくすることも、体温を上げることもできないのです。

湯船につかることで、血流がよくなり冷えを緩和してくれるとともに、

体じゅうにくまなく栄養を運ぶことができます。

お湯をぬるめにすれば、リラックスの神経「副交感神経」が優位になり、心も体もゆったりモードになります。

そして入浴後は、質のいい睡眠をもたらしてくれますよ。

眠りが浅いと成長ホルモンをはじめ、女性ホルモンや自律神経にかかわるさまざまなホルモンの分泌が減少し、

妊娠力の低下につながることもあるのです。

しっかりとホルモン分泌を促すためにも、

湯ぶねにつかって良質の睡眠がとれるようなお風呂習慣が妊活には大切なのです。

下記にて湯船に浸かるメリットをご紹介します。

 

・温熱作用で冷え緩和

血流がよくなるため、体を芯からあたためると同時に老廃物や疲労物質を除去する効果もあります。

ぬるめのお湯にすれば副交感神経が優位になるなど、

自律神経のバランスをコントロールする作用もありますよ。

 

・水圧で血行促進

体に水圧がかかって横隔膜が押し上げられるため、肺を圧迫します。

これにより呼吸数が増加して心肺機能が高まり、血液循環が促進します。

半身浴よりも全身浴のほうがその効果が発揮されます!

 

・浮力でリラックス

お風呂に首までつかると浮力で体重は9分の1程度になり、フワッと浮くような感覚になります。

この働きで、筋肉や関節が体重から解放されて脳への刺激も軽減し、

気分もリラックスされ、心の緊張もほぐれますよ。

 

 

お風呂に入れない時は足湯も効果あり

生理中や体調が悪い時はゆっくりとお風呂に入ることが難しいですよね。

そんな時は足湯で全身を温めることがおすすめです。

足は全身に血流を送るポンプの役割もしているため、

足首から下を温めるだけで温まった血液を全身に巡らせることができます。

方法はとても簡単で、少し熱めのお湯を洗面器に張り20分から30分ほどじっくりと足を温めるだけです。

足湯は日中に冷えを感じた時にも手軽にできるのでおすすめですよ。

愛知県でアロマオイルトリートメントやよもぎ蒸し、リフレクソロジーならヒーリングビューティーroom TAOへ


店舗名:ヒーリングビューティーroom TAO

住所:〒485-0058 愛知県小牧市小木2丁目226-1

TEL:090-6614-7722

営業時間:月・水・木/10:00~17:00 定休日:火・金・土・日・祝日

業務内容:アロマオイルトリートメント・よもぎ蒸し・リフレクソロジー・ヘッドセラピー・フェイシャル