menu

予約

Blog

pagetop

新着情報

妊娠中の運動不足解消に!おすすめの運動①


 

妊娠中に、食べつわりや偏食で思ったよりも体重が増えてしまう妊婦さんは少なくありません!

通常の体重増加の曲線よりも速いペースで体重が増えてしまった場合は、体重管理を意識して行う必要があります。

一方、それまで積極的に日常に運動を取り入れていた妊婦さんは、

妊娠前のようにからだを動かせなくなり、ストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。

今回は、妊娠中に運動するメリットと注意点、運動不足になりがちな妊婦さんにおすすめの運動をご紹介します!

 

 

お産に備えて運動を習慣にする

お産は体力を非常に消耗する、人生の一大イベントとなります。

妊娠中の適度な運動習慣は、お産に必要な筋肉やスタミナ、

からだのしなやかさを作ることができるため、安産への助けになりますよ。

体調の良い日には、自分に合った種類・無理のないボリュームの運動を取り入れて、

なるべく運動不足にならないように心掛けるようにしましょう。

また、産後のからだの回復のためにも、妊娠中の適度な運動は効果的です!

産後は赤ちゃんのお世話に明け暮れる日々が待ったなしで始まるため、ママのからだが元気で健康なことが大切です。

ただし、運動を始めてみて体調が思わしくなかったり、お腹の張りの頻度が多くなったりするなど気になることがあれば、

早めにお医者さんに相談し、指示を仰いでください。

やむを得ず運動を中止することになっても、赤ちゃんのためにリラックスする時期ととらえて、

呼吸法を練習したり、ゆったりとした時間を過ごしたりすることも、十分お産の準備をしていると考えましょう。

 

 

運動をすることのメリットと注意点

 

体重の急激増加を防ぎ安産につながる

妊娠初期はつわりで食べられなくても、安定期に入るころには食欲が増してくる妊婦さんも多いといいます。

急激な体重の増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクも高くなり、

お腹の中の赤ちゃんに影響を与えてしまうこともありますし、妊娠線も出やすくなります!

また、脂肪がたくさん付くことで、赤ちゃんが産道を通りにくくなってしまうのです。

その結果、分娩時間が長くなり、難産になってしまうことも考えられます。

体重の増加をおさえるだけではなく、出産時の体力をつけるためにも、

体調や医師と相談をしながら体を動かす習慣をつけることが大切です。

 

マイナートラブルの軽減になる

適切な運動は体重の増加をおさえてくれるだけではなく、不快なマイナートラブルも緩和してくれます!

全身の血流が良くなることで、手足のむくみや腰痛、こむら返りなどの症状を和らげることができるのです。

また、なかなかつわりがおさまらないという妊婦さんは、

精神的なものが原因でつわりが悪化している場合があるため、軽い運動はおすすめですよ。

少し環境を変えておこなうことで、よい気分転換にもなります!

妊娠中のマイナートラブルの中で、便秘に悩まされる方も多いかと思います。

体を動かすことで腸の動きがうながされ、お通じの改善にも役立ってくれます!

ヨーグルトや食物繊維の摂取もあわせて行うことで、さらに効果が期待できます。

 

激しいスポーツは慣れていても危険なので控える

運動をした方が良いとはいえ、やはりやりすぎは禁物です!

大人数でおこなうスポーツは人との接触の心配があり、激しく体をひねったり、ジャンプするのも危険なため、

やり慣れた運動であっても、妊娠中は控えることが望ましいです。

また、無酸素運動である短距離走なども避けましょう。

激しい筋力トレーニングや登山も呼吸を止めて行うことが多いため、

赤ちゃんが低酸素状態になりやすく危険が伴うので避けましょう。

その他にも、スキーやスケートなど転倒の危険性が高いものや、

対戦して勝敗を決めるようなスポーツも危険が伴うので避けましょう。

リラックスしながら、ゆったりと取り組めて体への負担が少ないものを選ぶのがおすすめです。

 

 

次回は、妊婦さんにおすすめの運動をご紹介します。

 

愛知県でアロマオイルトリートメントやよもぎ蒸し、リフレクソロジーならヒーリングビューティーroom TAOへ


店舗名:ヒーリングビューティーroom TAO

住所:〒485-0058 愛知県小牧市小木2丁目226-1

TEL:090-6614-7722

営業時間:月・水・木/10:00~17:00 定休日:火・金・土・日・祝日

業務内容:アロマオイルトリートメント・よもぎ蒸し・リフレクソロジー・ヘッドセラピー・フェイシャル